テレワーク月間連動企画!テレワーク推進フォーラムでは、2022年度テレワーク月間に賛同しトークセッションを配信します。

コロナ禍によって日本人の働き方にテレワークが組み込まれ、そのメリット・デメリットも体験を通じ明らかになってきました。働き方のコンサルタント、企業経営者、テレワーク研究者というスペシャリストであり、ご自身がテレワーカーという方々にお集まりいただき、テレワーク成功の秘訣と限界、子育て世代とテレワークの実態、この3年間でわかってきたもろもろをじっくり語っていただきます。テレワークの新たな効用を見出し、お聞きになる方々が自分でもめざしたいワーク・イン・ライフをイメージできる時間になればと思います。

パネリストプロフィール

穴見 和恵氏

中小企業診断士。現在、埼玉県の中小企業の経営改善支援に従事。法政大学経営大学院卒業(MBA取得)。修士論文テーマ「多様な働き方を求める人材と中小企業を結び付ける手法の創出」をきっかけにテレワークによる働き方に関する研究を始める。主な活動団体は、(一社)埼玉県中小企業診断協会、(公財)さいたま市産業創造財団(金融機関連携成長支援事業コーディネーター兼専門家)、(公財)埼玉県産業振興公社(専門家)、さいたま商工会議所(専門家・経営個別相談員)、(一社)日本テレワーク協会中小企業テレワーク研究部会メンバー。

三好 怜子氏

広島県出身。大学生の時に経営者という働き方に興味を持ち、2006年ノヴィータ立ち上げメンバーとして参画。WEBディレクター・WEB制作受託営業で常にトップ成績を収めながら、自身や社員の将来も見据えて社内の労働環境整備に注力。取締役を経て2015年3月に代表取締役社長に就任、翌年に出産。多様な働き方の選択肢を増やすべく2017年よりリモートワークを取り入れ、2020年より全社リモートワークを継続中。

村田 弘美氏

1983年株式会社リクルート入社。総務人事、広告審査、新規事業開発等のHR関連部門を経て、1999年にリクルートワークス研究所を立ち上げる。2013年よりグローバルセンターセンター長。厚生労働省内労政記者クラブ所属。主な研究領域は、外部労働市場、グローバル採用、非典型雇用、フレキシブルワーク、フリーランスなど。次世代社会に向けた労働市場の構築など、民間の視点での提案といった啓発活動を行っている。

ファシリテーター テレワーク推進フォーラム事務局 富樫 美加

テレワーク推進フォーラムとは

テレワークは、就業者の仕事と生活の調和を図りつつ、業務効率の向上を実現する柔軟な就業形態であり、この普及を通じて、少子高齢化や地球環境、災害時の危機管理などの社会問題の解決に向けた貢献ができるものと期待されています。

テレワーク推進フォーラムは、産官学のメンバーが参加する任意団体で、テレワークの普及促進に向け産官学連携セミナーテレワーク月間活動などを行ってきました。

テレワーク推進フォーラムからのお知らせ

おもな取り組み

テレワーク推進フォーラムが主催する、日本のテレワークの普及・推進をリードする産・官・学が一堂に集う、テレワーク月間のメイン行事のひとつです。